キャットタワーのてっぺんで
グルーミングしていたユウが
お。

むっくり起き上がって
注目していたのは
おおっ!

久しぶりに窓辺の箱の上に
やって来たアミ姐さん。
そんなに寒くないね。

ユウは日課にしているけれど
たまには姐さんだって
外のニオイを嗅ぎたいよね
ってんで、窓を開けたら
目を細めてしばしすんすん。
すんすん。

窓辺の姐さんに気を取られて
口元がゆるんでいることに
姐さん♪

しばらく経ってから
やっと気づいた
ユウなのでした。
おっと。

クリックでミミオレ。に投票
ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして
応援していただけると光栄なのです。