アミちゃん、
爪が伸びてますね?なんのこと?

せっせと爪の手入れをしているのを
また歯に挟まるんじゃないかと
じーっと観察していたら
かみかみ。

尖った爪が見えちゃいましたよ。
切ろうね。
見てたの?
捕まえるのは簡単ですが
爪切りとなるとジタバタ抵抗する姐さん。
いつものように二人がかりで
なんとか爪を切りましたよ。
( ̄▽ ̄;)

膝にジャンプしてきた時に
爪がぷすりと刺さって痛かったので
ユウのも絶対に伸びているはず。
次はユウの爪切りも。

が、しかーし!

姐さんの爪切りを見てしまった
ビビりん坊は
次は自分の番だと察知して
そそくさとこたつに逃げ込み
いないフリ。
ボクはいませんよ。

安全な場所と思って
こたつに隠れているのに
引っ張り出して爪を切っては
こたつの印象が悪くなるのでは?
(´・ω・`)

てなわけで
こたつの中で眠って起きて
爪切りのことをすっかり忘れ
ボク、なんで隠れたんだっけ?
こたつから出て油断しているところを
ちゃちゃっと捕まえて
切らせてもらいましたよ。


クリックでミミオレ。に投票
ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックして
応援していただけると光栄なのです。