5

知らないお兄さんたちがやってきて
ビビりん坊がかくれている間に
お。


テレビが薄くなりました。
おー!


これまで愛用していた分厚いテレビは
先代猫がしょっちゅう乗っかっては
肉球で画面をぴとぴと触れていた思い出の品。

アナログ放送終了ギリギリまで
まだまだ使うぞーと思っていたのに
画面がにじんで見えるようになり
やむなく買い替えとなりました。

思い出の品が手元になくなっても
思い出が消えてしまうわけではないのだからと
わかっていても
やっぱり少しばかり寂しいものです。


さて、我が家の現場監督は
ほー。


開梱する際に
床に傷をつけないようにと用意してくださった敷物に
いつの間にかちゃっかり乗っかっていたそうで。
あれっ?


せっかくですから
久しぶりに耳折れDVDでも。
見たことあるような…。


これまでよりちょいと大きくなった画面に
なんだか見たことのある子が映っていて
ルーちゃん?

思わず背筋を伸ばす兄ちゃんなのでした。


新しいテレビにも
猫らがまたこうして
新しい思い出を作ってくれるのだろうなぁと。



クリックで人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます